腰痛でお困りなら新宿区の整体院 EVOL

ブログ

2021/07/05(月)

腰痛は、引っ張られる痛み

カテゴリー:腰痛

 

こんにちは!加藤 壮(たける)です!

腰痛は、収縮して緩まなくなって痛いと思っていませんか?

筋肉は、引っ張られる痛みと収縮して痛い2パターンがあります。(筋肉自体が損傷するものを除く)

 

まず引っ張られる痛みです。

これは、ストレッチしすぎた時に感じる痛みです。

ストレッチいた気持ちいいと思いますが、常にあれが体にあると少し嫌だと思います。

 

収縮して痛い状態は、足がつった、いわゆる腓返りです。耐え難い痛みですね。

夜間寝ている時に起こると、悶絶してしまうほどです。

 

では、慢性腰痛はどちらの痛みでしょうか?

そうです。引っ張られる痛みです。

ストレッチのように関節の動きが伴って伸ばさられているのではないのです。

それは、肩やお尻の筋肉が縮こまって硬くなることで、その間にある腰や背中の筋肉を引っ張り引き伸ばしてしまうことで痛みが出ているのです。

 

では、この引っ張られて痛みが出ている場合どこを治療したら良いでしょうか?

引っ張っている元をほぐすのか。引っ張られているとこをほぐすのか。

どちらがいいと思いますか?

それは、引っ張っている元を治療していくことで根本治療になります。

 

腰痛の方で、腰を治療して治らないのはここのメカニズムとずれて治療しているからだと思います。

もちろん、腰自体に問題がある腰痛も存在します。

原因の識別はとても重要です!

 

 

 

 

 

通常初回施術費15,000円のところ

初回限定特別価格1980円

10月3日(日)まで6名様限定割引 → 残り3名様

【完全予約制】
施術のご予約は今すぐお電話

 

*ホームページの内容を全てご覧になり、ご理解した上でご連絡をお願いします。

*ホームページの内容を全てご覧になり、ご理解した上でご連絡をお願いします。

 

03-6273-1968

【受付時間】9時〜21時 
【定休日】不定休

※施術中は電話に出られませんので留守番電話にお名前と電話番号を伝言下さい。すぐに折り返し致します。

※営業時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
※営業時間外はメールフォームからのお問い合わせをお願い致します。

 

「LINE」でご予約はこちら